輸入割り箸から国産割り箸へ
2021-09-15新着情報の画像

お世話になります。

昨年からの情勢により箸の材料確保が困難である為に、

輸入割り箸の中では、高価なエゾ松製(ロシア材中国製)の割り箸の仕入れ価格上昇により単価が上昇します。

エゾ松の天削(てんそげ)箸は、ホテルの宴会箸としての需要が大変多くあります。

比較する対象の箸である、国産のヒノキ天削箸の単価の方が少し高いですが、今回で大分価格差が少なくなります。

まだまだ大変な中ですが、この機会に

ヒノキの匂いが香る、国産ヒノキ製の割り箸にシフトチェンジしてみてはいかがでしょうか。

国産割り箸の良さを、お客様に知っていただき、

もっと、もっと、国産割り箸の需要が広がるようによろしくお願いいたします。

吉井商事

(画像は、国産ヒノキ天削(てんそげ)箸です。)

戻る